WealthNavi

投資

【初心者向け】WealthNavi(ウェルスナビ)は資産形成に有効か|メリット・デメリットも。

2021年6月4日

こんにちは、キュラティフです。

今回は、ロボアドバイザーによる資産運用サービスを提供している「WealthNavi」について紹介したいと思います。

「基本的に何もしなくて良い」と、CMでも話題の全自動資産運用サービスウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビは、現在注目を集めているロボアドバイザーサービスを提供している会社の一つです。

誰でも簡単に資産運用が出来るというのはとても魅力的ですね。

その一方で、「金融の専門知識はいらない」「何もせず任せればいい」と言われると、本当に使って大丈夫なの?と不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。

ココがポイント

  • ウェルスナビは長期的に資産運用を行ってみたいという方におすすめ
  • 診断を通して、ユーザー一人一人に合ったプランを提案してくれる
  • NISAに対応しているので非課税枠を最大限に活用できる
  • スマホ一台で運用することができるので、場所や環境に左右されない

結論から言うと、ウェルスナビは誰でも着実に資産形成ができる投資サービスです。

さらCMで言われている通り、投資の全てをお任せ出来る為に金融の専門知識を持つ必要がないのが最大の魅力となっています。

この記事では、どうしてウェルスナビはどのような仕組みのサービスなのか?

また利用する上えでのメリットやデメリットについて詳しく説明していきたいと思います。

最後まで読んで頂ければウェルスナビに対する不安が無くなり、実際に資産運用するための選択肢の1つとして安心して考えて頂ければ幸いです。

 

ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

ウェルスナビは、2016年に開始されたロボアドバイザーのことです。

今やテレビCMで見ない日は無いほど宣伝されていますよね。

ロボアドバイザーとは投資のアドバイスや資産運用そのものを、AIなどを用いたアルゴリズムにより全自動で行うサービスのことを指します。

様々な企業がロボアドバイザーを提供する中でウェルスナビは2021年現在、ユーザー満足度1位を獲得している人気の投資サイトです。

ウェルスナビで投資を行う多くの人々に信頼されているといえるでしょう。

ユーザー満足度の高い理由は、投資をする時に手間や時間がかかる「資産運用方針の決定・銘柄の選定・売買・メンテナンス」を最新のアルゴリズムを用いて全自動で行う機能にあります。

ユーザーが手を動かす時間が無くなるだけでなく、ウェルスナビに搭載されているアルゴリズムは顧客のリスク許容度に応じた運用を行います。

非常に安定した投資が実現できる点が魅力となっているようです。

 

ウェルスナビのメリットとは。

全自動で投資運用できるロボアドバイザーは、実に様々な企業からリリースされていますが、そんな中でもウェルスナビの評判は非常に高いようです。

それでは早速ウェルスナビを利用するメリットを他社ロボアドバイザーと比較しながら紹介していきますね。

ここで紹介するウェルスナビのメリットは以下のとおりです。

ココがオススメ

  • 初心者には難しいプロセスをすべて自動化してくれる
  • 金融・経済に興味関心を持つきっかけになる!
  • 「DeTAX(デタックス)」節税機能がある
  • 海外ETFで世界に分散投資できる!
  • 長期投資の心強い味方!積立投資が自動でできる!
  • ライフプラン機能で老後に必要なお金がわかる!
  • 確定申告が必要ない!
  • 振込手数料0円!お得で便利なクイック入金が使える
  • 「おまかせNISA」に対応している
  • 釣りで運用する「マメタス」が使える

それでは順番に説明していきますね。

初心者には難しいプロセスをすべて自動化してくれる

投資初心者さんが実際に投資をスタートすると、買い付けに銘柄の調査や株価の動きのチェックなど、やることの多さに圧倒されてしまいます。

投資は長く継続することが大前提なので、イヤイヤ続けていれば、そのうち辞めてしまいますよね。

これらの作業を数ヶ月から数年間、毎日やることを想像するとその大変さが理解できます。

しかし、ロボアドバイザーを用いれば投資に必要なこれらの作業を全て、半永久的に一任することができます。

投資の作業に必要だった時間を別の有意義な使い方が出来るようになる事は、ロボアドバイザーを使う上での最大の魅力です。

ウェルスナビでは、資産の自動運用に用いているアルゴリズムや手数料といった情報がすべてウェブ上で公開されています。

透明性が非常に高く、より安心して使える点は他社のロボアドバイザーにはないメリットです。

ウェルスナビ以外にも、始めやすさという点で群を抜いている「THEO(テオ)」や、楽天証券ユーザー向けの「楽ラップ」など様々な特徴を持ったロボアドバイザーが存在します。

それらについては、また次回にでもお伝えしたいと思います。

金融・経済に興味関心を持つきっかけになる!

金融・経済に興味関心を持ウェルスナビの自動資産運用を利用すれば、専門的な金融知識を持つ必要がなくなります。

しかし投資へのモチベーションが高い人の中には、自動資産運用によって時間が空くからこそ、その時間を使って株式投資やFXなどの個人投資の勉強をしたくなる人もいるのではないでしょうか?

最新のアルゴリズムを用いたウェルスナビの運用は、投資を学びたいと考えている人にとってはまさしく宝の山といえます。

世間の流れや産業のトレンドなどのニュースを見ながらウェルスナビの運用動向をチェックする事で、「世の中の動きと運用実績はこう連動するのか」など、様々な発見が出来るのかと思います。

ウェルスナビを利用する事は、投資や金融業界に興味関心を持つ良いキッカケになると言えると思います。

ウェルスナビ

ウェルスナビ

「DeTAX(デタックス)」節税機能がある

投資で利益が出始めると気になるのが「利益に対する課税」です。

利益を狙って真剣に取り組むほど、その影響について悩むのではないでしょうか。

実は、投資の上級者は経験で培ったスキルを駆使して支払う税金を少なくしています。

ウェルスナビは、そういった投資上級者の節税テクニックを自動で行ってくれます。

ウェルスナビに搭載されている節税機能「DeTAX」は、税金の負担額が一定を超えた場合、支払いを翌年以降に繰り越すことで負担を軽減してくれます。

初心者の利用であっても本格的な資産運用ができるようにデザインされている点は、ウェルスナビならではのメリットといえるでしょう。

海外ETFで世界に分散投資できる!

ウェルスナビは資産運用をアルゴリズムを用いて全自動で行うと先述していますが、そのスタンスは「徹底的なリスクコントロール」です。

その一環で、投資対象となる金融商品に「海外ETF」を選んでいることがウェルスナビの特徴といえます。

海外ETFとは、簡潔にいうと世界中の多種多様な企業に投資を行う金融商品を指します。

トレンドの企業が多く存在するからといって投資対象を数カ国の企業に絞ってしまうと、予測できない国家間の問題や、世界情勢によって壊滅的な投資ダメージが発生してしまう恐れがあります。

そういったリスクを避けるため、ウェルスナビは投資対象に海外ETFを用いており、非常に安定した投資が期待できる点は大きなメリットといえるでしょう。

長期投資の心強い味方!積立投資が自動でできる!

海外ETFの他にも、ウェルスナビは投資における堅実性を高める為に「積立投資」に対するサポートを手厚く行っています。

積立投資とは、貯金のように毎月一定額を積み立てて投資をし続ける投資方法です。

毎月同じ額を投資し続けるという事は、継続力がなければ難しいことですよね。

しかしウェルスナビに備わっている自動積立投資機能により、一定の積立額を銀行口座から毎月1回自動で投資できます。

ですので、ウェルスナビのユーザーは長期的な投資をしやすくなります。 こういった機能は他社のロボアドバイザーでも見受けられるものです。

その中でもウェルスナビでは引き落とし日をライフスタイルに合わせて変更したり、引き落とし回数を増減してペースを調整できるなど、非常に使いやすいのが特徴です。

ウェルスナビでは、是非積立投資を行うことを強くおススメします。

ここまでにご紹介した海外ETFを用いた分散投資と、積立投資による長期的な投資を合わせた「長期・分散・積立」の投資スタイルは、金融庁にも推奨されているものです。

安定した投資を行うためには必須の知識となっています。

ライフプラン機能で老後に必要なお金がわかる!

先程紹介した「長期・分散・積立」の投資スタイルは非常に安定しているものの、瞬発的に大きな利益を出すことは期待できません。

加えて長い期間の投資をする事となると、投資計画を立てるのも困難になるなどデメリットも存在します。

そういった中で、ウェルスナビには長期投資を行う上での目標設定をサポートする「ライフプラン機能」が備わっています。

この機能はユーザーの年齢やライフスタイルに合わせて老後資金を試算し、それをカバーするために必要な金額を退職時までに達成できるよう投資計画を提案してくれます。

老後を見据えた投資計画は重要であるものの、1人では非常に手間がかかるためウェルスナビのライフプラン機能は大きな魅力の1つといえるでしょう。

確定申告が必要ない!

利益が出ると気になるのが、確定申告の必要性です。 慣れておられる方には問題ないのですが、一般的にはちょっと。。。

長期的な投資を前提にしているなら、もちろん確定申告とも長い付き合いになりかねず面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。

ウェルスナビでは基本的に確定申告を行う必要がありません

口座開設の際に「源泉徴収ありの特定口座」を選択することで確定申告の手間を省くことができます。

一方で、ウェルスナビでは海外ETFを扱うという特徴から配当金に対し米国、日本国内での二重課税が発生してしまいます。

この場合、確定申告をすれば還付金が発生し結果的に利益が増える可能性もあります。

振込手数料0円!お得で便利なクイック入金が使える

ウェルスナビには毎月自動で引き落としされる積立機能もある一方で、自分の好きなタイミングで手数料をかけずに入金できる「クイック入金」機能があります。

クイック入金は三井住友銀行やみずほ銀行など、メジャーな金融機関のインターネットバンキングサービスを用いることで、24時間365日好きなタイミングでの入金に対応しています。

手数料もかからないため、ユーザーが自分のペースに合わせて柔軟に投資活動を行える点はウェルスナビの強みと言えますね。 嬉しいサービスです。

「おまかせNISA」に対応している

金融庁により設計された、投資で出た利益を非課税にする制度「NISA」。

ウェルスナビは投資に用いる口座にこのNISA口座を利用できる「おまかせNISA」というサービスを提供しています。

金額制限はあるものの、売却益や配当金に対して非課税にする事が出来る為、非常に安定した投資が実現可能です。

この様にウェルスナビでは長期的に運用する中での利益を確保するための配慮が徹底してなされいるのも好感が持てますよね。

お釣りで運用する「マメタス」が使える

ウェルスナビには積立投資やおまかせNISAなどさまざまな機能があるものの、それでも継続して投資を行うことに苦手意識を感じる人も少なくないはずです。

そういった人でも続けやすい、日々の買い物で出たお釣りをそのまま投資に利用できる「マメタス」というサービスがあるのをご存知でしょうか。

ウェルスナビはこのマメタスと連携しています。

苦手意識がある人でも簡単にできる部分から投資をスタートし、習慣化することで徐々に「自分にもできる!」という自信に繋がっていくことが期待できそうです。

 

関連したオススメの記事

株式投資を始める際に、まず迷ってしまうのが証券口座の一般口座と特定口座。 どっちがいいの?!

株式投資するなら一般口座?特定口座?

 

ウェルスナビのデメリット

如何でしたでしょうか。 ここまでウェルスナビの評判を裏付ける様々な機能やメリットについてお伝えしました。

その一方で、予め知っておくべきデメリットもいくつか存在します。

ウェルスナビでの投資を始めたあとに「こんなはずでは」とならない為にも、しっかりと確認しましょう!

ここで紹介するウェルスナビのデメリットは以下の通りです。

ココがダメ

  • 始めるのに10万円必要
  • 手数料が少し高め
  • 短期的な高利益は見込めない
  • 為替相場の影響を受ける
  • 一時的に元本割れする可能性がある
  • 企業の倒産リスク

それでは順番に説明していきますね。

始めるのに10万円必要

他社ロボアドバイザーに比べて、ウェルスナビの最も大きな短所と言えるのが、利用を始めるための最低投資金額として10万円が必要だということです。

利益が出るまで長期間この10万円は預け続ける形になる為、資金に余裕のない方にとっては痛手となりそうです。

しかし2019年に、ウェルスナビの機能はそのままに最低投資金額を1万円からスタートできる「ウェルスナビ for ネオモバ」が提供されました。

ウェルスナビでの投資に興味はあるものの、初期投資に余裕がない方にとっては絶好のチャンスです。

手数料が少し高め

ウェルスナビに限らず、ロボアドバイザーを利用するための料金として年間手数料の支払いが必要です。

ウェルスナビの年間手数料は、預け資産の税込1.1%となっています。

100万円を1年間運用させると、1万円程度の手数料が発生します。

殆どのロボアドバイザーの利用手数料は年間1%程度である為、手数料による負担はウェルスナビに限った事ではありません。

しかし、これはロボアドバイザーに頼らず自分自身で投資をすれば本来必要ない費用です。

長期的な積立投資を行う中で「毎年払わなければならず、しかもだんだん増えていく」と考えると、利用する前にしっかりと考えておきたい要素といえます。

短期的な高利益は見込めない

ウェルスナビの投資システムは、「長期・分散・積立」に基づいて、リスクを排除してコツコツと利益を出すスタイルです。

つまり、リスクを取った瞬発的な利益には向いていない事になります。

あくまで貯金のようにコツコツと投資を重ねられることがウェルスナビの強みである為、いきなり大量の利益を得ることが難しいことは予め知っておいて損はないと思います。

為替相場の影響を受ける

ウェルスナビでは、分散投資を行うために海外ETFを扱うことについて紹介しました。 それは為替相場によって大きな影響を受けることを意味します。

例えば円高の状態だと安価に海外投資を行えるようになりますが、その逆に円安の状態で投資を行うと相対的に損失が増えることになります。

為替相場の予測が困難である事を踏まえると、この影響はデメリットとして避けられないと言えるかもしれません。

一時的に元本割れする可能性がある

ウェルスナビではリスクを徹底的に避ける手法を採用していますが、それでも確実に利益が出続ける訳ではありません。

状況によっては損失が続き、結果的に資産が最初に投資した金額を下回る「元本割れ」になる可能性はゼロではありません。

ウェルスナビでは一時的な資産の増減に混乱せずに、長期的な目線で利用することが重要となります。

企業の倒産リスク

ウェルスナビに限った事ではありませんが、サービス提供会社が倒産した場合には資産がダメージを受ける可能性があります。

ただし、ウェルスナビは日本投資者保護基金に加盟しているので、万が一倒産しても1000万円までなら保証されます。

また、投資家の資産と企業の固有財産を分別して管理する「分別管理」も行っているので、基本的には元本が全て返ってこない事はあり得ないと思います。

 

ウェルスナビの口座開設手順

ウェルスナビの評判を裏付ける機能などについて紹介してきました。

最後に、ウェルスナビの利用を検討されている人に向けて、実際に口座を開設するための手順について解説します。

1.申し込み

まずは、口座開設の申し込みを行います。

注意したいのが、運用を始めるためには最低投資金額10万円が必要である点です。

2.無料診断をしてリスク許容度を確認する

口座開設の申し込みに進むと、始めにロボアドバイザーの運用方針を決める無料の診断を受ける事になります。

この診断はスキップすることも出来ますが、自分が望むリスクの許容度や資産運用の方針を分析して貰えるので、ぜひ受けておきましょう。

試しに、数値を入力してみたらリスク許容度5という一番マックスの判定をしてくれました。 自分では安全に運用しているつもりでしたが、チャレンジャーだったのですね・・。

3.源泉徴収ありの特定口座を選ぶ

口座を開設する際に、源泉徴収ありの特定口座を選択しましょう。

これを選択すれば、ウェルスナビで発生した利益について確定申告をする必要がなくなります。

4.ウェルスナビ口座へ入金する

口座が開設できたら、最初の入金を行いましょう。

ウェルスナビへの入金は銀行からの振り込みでも可能ですが、インターネットバンキングの口座を持っていれば24時間365日手数料なしに入金できるクイック入金の機能が利用できます。

非常に手軽に入金できるので利用してみては如何でしょう。

入金が完了し積立投資の設定が完了すれば、後は入金した資金の運用が自動的に開始されます。

 

まとめ:投資未経験者はウェルスナビから!

ウェルスナビは、投資の経験や知識がない人でも簡単に資産形成を始められると評判のロボアドバイザーです。

これからロボアドバイザーによる投資を始めようと考えている方は、今回の記事を参考にして是非スタートしてみてください。

10万円の初期投資が必要な点や手数料などのデメリットはあるものの、節税機能や自動積立機能など利用するメリットは非常に豊富といえます。

ポイント

  • ロボアドバイザーで自動で資産運用ができる
  • 少額の資産運用なら「WealthNabi for ネオモバ」、10万円以上ならウェルスナビ
  • 分散投資でリスクが減らせる
  • まずは無料診断を受けてみよう

口コミにおいてはウェルスナビを利用したことのない人や、ロボアドバイザーに頼らず個人で投資できる人からは辛口な意見もある一方で、実際に数年間利用している人の多くがしっかりと利益を出しています

ウェルスナビはユーザー1人1人に合わせた資産運用プランを提示してくれますし、運用実績も好調であるので、初心者の方にもオススメのロボアドバイザーサービス会社であると言えるでしょう。

しかし、元本割れが発生する可能性はゼロでは無い為、そういったリスクも念頭において投資を行うことが大切です。

数分あれば口座開設の申し込みを行うことができますし、最短2日で完了することができるため、すぐに投資を始めることが可能です。

ロボアドバイザーでの資産運用を始めてみたいという方には、ウェルスナビがオススメだと思います。

-投資
-, , , ,

© 2021 キュラティフのお得な知育情報|知恵袋